横浜駅西かながわ県民センター・東京都内の
公共施設で低料金心理カウンセリング実施中


長谷川メンタルヘルスケアセンター

公認資格スタッフによるボランティア
心理カウンセリング

平日夜間・休日の面談カウンセリングが可能です

      


 2019年(平成31年)1月 ご挨拶 

 
今年は新たな年号がスタートする平成31年ですが、穏やかで幸せな歳となることを願っています。昨年は自身の本業務においても全国各地に出向くことが多く、各地の災害を目の当たりにすることになりました。6月の大阪北部地震の翌週には余震の中、身の危険を感じながら面談していたこと。7月の西日本豪雨では避難勧告の出ている京都での面談、9月には関空閉鎖の超大型台風21号の翌週には、街路樹がなぎ倒された市内で、それぞれ面談業務にあたっておりました。また同9月の北海道地震の翌週には物流が復旧せずコンビニ商品もまばらな札幌市内での面談など、昨年は各地で自然災害に直面した年であり、多くの方々が被災された1年だった言えます。各地の災害が続きましたが、被災された方々には1日も早く平穏な生活に早く戻れることを心からお祈りしております。

そのような中でも素晴らしい出来事として、2025年大阪万博の開催決定があります。現在の好景気が今後も持続することへの期待が大きく膨らんでいます。2020年東京オリンピック・パラリンピック以降の好景気を約束してくれている気がいたします。昨年は求人の件数も増加傾向にあり、IT業界をはじめとして、建設業界、飲食・サービス・小売業界など、各業界に人手不足感が拡がっており、パート採用では人が集まらず、正社員採用で人材確保を目指す機運が中小のみならず上場企業にまで拡がりを見せています。それにより、従来はコストのかからないハローワークを中心の求人活動が、一人当たり百万円ちかいコストをかけても各種求人マッチングWebサイトでの公開求人が増えております。新卒者の就活サイト活用と同様に、転職者のための転職サイトに従来にはない大手企業の登録が増えていることも大きな変化となっています。

不景気の時期に正社員への就活を断念し、非正規社員として人材会社の登録スタッフとして活動してきた方々についても、転職成功の件数が大きく増えており、それも上場企業への正社員就職が実現できたという方々の声も多く届いています。今一度、これまでの自分自身の〃侘鬟ャリアを整理し、⊆分本来の職業適性を自己分析し、あらためて自分が目指すべきワクワクする気持ちになれる目指したい職種ターゲットを明確にし、ぢ燭の求人サイトに登録し多くの求人企業の情報をメール受信できる状態にし、ゼ分にマッチする具体的な求人情報に狙いをつけ、Ρ募書類を作成し1件でも多くエントリーする、Ъ到な準備で採用面接に一社でも多く出向き採用を獲得する。これが転職就活への成功7ステップです。

昨年以降、正社員へと転職チャレンジする好機が到来していると断言できます。非正規社員と正社員と待遇の差は大きく、社宅利用などの福利厚生、失業保険や健康保険制度をはじめとする社会保険制度の会社負担などにおいて明確です。また、人生設計における気持ちの点でも大きな差があります。永続的な仕事を獲得できる社員採用は大きな生活の安定に結び付きます。これから結婚を考えて自分の家庭を持つことを当然として目指せます。非正規から正規へ、年収アップの転職、安定就労、夢の実現にむけ、千載一遇のチャンス到来です。

昨年は、わが子を虐待する事件が多く発生しており、この世に生を受けて輝かしい未来にむけて祝福されるべき小さな命が、やっと覚えた文字で「ごめんなさい。許してください。」というお手紙でも許してもらえず、悲しい結末となった事件が注目集め、同様の事件が多く発生しました。その結果、東京都が中心となり新たな児童虐待防止のための児童相談所間の事案連携の試みがスタートしております。

また海外においては経済発展の陰でアジア諸国や中南米の都市部においても、貧しい環境で小さな子どもたちが学校にも行けず、過酷な場所での児童労働が家族を支えている厳しい実態があります。その子どもたちは「将来は先生になって子どもたちに勉強を教えてあげたい」という夢と希望を抱きながら、過酷な環境で小さな兄弟姉妹や家族のために、教育を受けることなく仕事に励む児童がいることも現実です。世界中の未来ある子どもたちが毎日の過酷な労働から解放され、必要な教育をうけることができるようになることを心から祈るばかりです。

2020年の東京パラリンピック・オリンピックまであと一年となり、東京の新国立競技場も順調に建設が進み大きな全体像が望めるようになってきました。これまでにない社会変化として、パラリンピックで頑張る選手たちの映像が放映され、感動を人々に与える機会が増えています。これまで、障害のイメージが社会的に変化しています。これまでとは異なり、その人の「障害は個性なのだ」という認識が社会を新たな時代のステージへと進化するための大きな原動力となっていることを感じさせられます。これまでの社会におけるいじめの構図にも変化が期待できます。これまでは他の人達と異なる容姿を持つ人への排除的な攻撃は個性を否定する社会通念があり、それ自体が学校や職場さらには地域社会における「集団いじめ」の根本原因としての稚拙な人間性の本質にあるといえなくもないと考えられます。

そのことは、例えば学校においては他の子供たちと異なる容姿をもつ子、うまく話せない子、多動性のある行動をもつ子、発達支援を要する子どもたち、体育や数学などの得意でない科目がある子、両親と生活できない子、人に知られたくない家庭環境を持つ子、学級いじめの対象となりやすい心優しい子など、全てをその子の持つ個性であり、全ての人の個性を受け入れ、共にこれからの社会を担うために得意な分野を伸ばす共存共栄の社会に向けた活動を目指すために、大きな社会変革の動きに結びつくことを期待させられます。とくに子供の頃に受けた学校でいじめ被害でその子の一生涯にわたって精神的なストレスを抱える大きな危険性があります。

これからの大きな社会変化に呼応し新しい社会発展を目指し児童虐待や学校いじめ犯罪を防ぐために、すべての子どもたちの親御さんは、ご自身のお子さんも一人の大切な人間存在として接し、機会あるごとに「全ての人の個性を尊重しなさい」というメッセージを常に伝えてください。

全ての人を尊重することの必要性、それぞれの個性を持つ子を含め全ての子どもたちの個性は社会を変える原動力として新たな社会変革に結びつく、一つ一つの個性がジグソーパズルのように、社会を構成し、社会を変革・成長させるために必要な存在として、大切なお互いの個性を尊重し、共に歩む仲間としての人間性を高めるために。

2019年1月5日


代表 長谷川 裕通




携帯電話のメールカウンセリング対応
携帯電話メールからのご相談に対応可能です。
日常生活場面や職場などで、不安に感じたとき、緊急を要するとき、対処方法を早く知りたいときに、携帯電話から相談できる携帯メールに対応できるメールカウンセリングのサポートメニューを追加しました。
普通返信と快速返信の2つのメニューがあります。普通返信タイプは、翌日または翌々日迄にいただいた相談メールにまとめて返信する「おまとめ便返信1ヶ月契約(携帯版)を4,200円で何度でもメール相談が可能です。快速返信タイプは、「快速返信1ヶ月契約(携帯版)」として8,400円で、朝、昼、夕、晩に早いタイミングで返信対応します。当日の朝から夕刻までに届いたご相談メールには数時間後の当日中に、晩から深夜のメールには翌朝に返信します。大切なイベントの前などで、不安に感じたとき、急ぎでドキドキを克服するなどの心の対処方法を知りたいとき、いつも身近であなたの生活をサポートします。
また、パソコンからのメールカウンセリングに、「おまとめ返信1ヶ月契約(パソコン版)」4,200円を追加しました。5週間にわたり、月曜から金曜までいただいたメール相談にたしいて、土日にまとめて返信を差し上げます。気が付いたことを忘れずにメールし、じっくりと整理したい場合に最適です。なお、従来どおり、パソコンからのメール相談に対応する、一週間のメールにまとめて返信する「おまとめ便4,200円」、「普通便翌日から翌々日返信迄に返信する「普通便版(パソコン)5,250円」、と「特急快速返信(パソコン8,400円)も従来どおり継続してサポートしております。(2012年2月5日に料金改定し、料金を引き下げ厳しい経済環境に対応しております。)  

 長谷川裕通

ケアセンターのブログとは
メンタルケアにかんする各種情報やケアスタッフが感じた雑感を随時発信しています。ストレスケアの方法やメンタルケアの方法など、アロマセラピーなどの癒しのアイデアやなどもご案内します。  → ケアセンターブログ(心を癒すお部屋) 

 長谷川裕通

◆かながわ県民センターで面談カウンセリングを実施中!
 公共施設にある会議室を予約し、安心できる環境で出張面談カウンセリングを実施しています。JR横浜駅近くのかながわ県民センター(アクセス参照)では、出張交通費は不要で、来談面接カウンセリング料金(90分5250円)で安価対応しています。(会議室利用料300円〜1000円程度は別途)。当ケアセンターで会議室を予約確保しますので、東京・神奈川にお住まいの方々は、ご自宅近くの公共施設の会議室で出張カウンセリングが受けられます。(横浜からの交通費と会議室料金はが別途)。神奈川県全域、東京文京区、大田区、港区、については、ケアセンターでオンライン予約可能です。またそれ以外の会議室をご自身で確保していただければ、出張カウンセリングとして、どちらへでも出向きます。

お申込み・お問合せメールアドレス:hasegawahealth@yahoo.co.jp


◆各種コミュニケーションスキル習得セミナーの紹介
 NPO法人ライフライン・サポーターでは、安定したお仕事に就き、安定した収入を得るために必要な各種のソシアルスキル訓練やセミナーを開催しています。ご利用されることをお奨めします。詳しくはホームページをご覧下さい。→ NPO法人 ライフライン・サポーターのホームページ




 サイトマップ 
当ケアセンターの詳細ページがあります。

◆ケアセンターの概要

あなたの人生をサポートする専門的な心理相談が受けられる非営利ボランティアベースのメンタルヘルスケアセンターです。 正式な心理学の専門資格を持ったカウンセラーによる心理相談が受けられます。うつ病や神経症に悩む人、虐待経験に苦しむ方々を支援するため、心理学をベースにした「精神分析的療法」や「認知行動療法」、癒されるイメージ導入の「臨床催眠療法」さらに最新の脳神経学的な眼球運動による「EMDR」ケアを実施してます。また虐待による心理影響としてご自分が境界性人格障害や多重人格といわれる解離性同一性人格障害ではないだろうかと感じる方。幼児・児童への継続的なメンタルケアーについても、お気軽に相談下さい。


     

◆ケアセンターの特長
  • 1ヶ月契約のメールカウンセリング、面談によるカウンセリング、自宅や病床への出張カウンセリングを実施しております。
  • 社会貢献目的のため、小中高生のメール相談は無料です。ただし未成年者の面談カウンセリングは養育者からのお申し込みと保護者の同伴が必要です。(ご両親から虐待を受けている場合などのメール相談はお受けできます。また、あなたを守ってくれる公共機関がすぐ近くにあります。助けを求めてください。→児童相談所全国リスト 子どもの人権110番:東京弁護士会 東京都相談機関一覧 
  • 過去に虐待体験のある人、職場の人間関係や仕事の悩みで出社拒否となってしまった人、育児不安に悩んでいる人、病院やカウンセリングルームに出掛けることができない人、誰にも会いたくないと思っている人、匿名メールであなたのご相談に対応できます。

<<<詳細ページにジャンプ>>>





【カウンセリング予約はメールまたは電話で】

スタッフ不在時、カウンセリング中は電話対応ができないため、
留守TELに伝言願います。2時間以内をめどに折り返し連絡いたします。
なお、留守TELへの伝言は電話番号をお忘れなく、聞き取れない場合があります。
折り返し連絡がない場合には、再度ご伝言ください。


電話番号は 045−716−1838


活動拠点(事務およびカウンセリング)かながわ県民活動サポートセンター ボランティアサロン内(かながわ県民センター9F)
出張カウンセリング :東京渋谷・埼玉・神奈川を中心に関東一円
メールカウンセリング :全国および海外(駐在の方々)


since Oct. 1, 1997(重複カウント除く)